スプレッド、甘く見てませんか?

FX会社の手数料というべきものが、スプレッドです。スプレッドとは、通貨間での買値と売値の差のことですが、これが各FX業者、各通貨ペアによって違ってきます。

殆どのFX会社では、アピールしていますが、ではFX業者はどうやって利益を出しているのでしょうか。それが、スプレッドです。取引自体の手数料は取らない代わりに、各通貨ペア毎にスプレッドを設定してその買値と売値の差を利益としているのです。

なので、注意しなければならないのは、FX会社が通貨ペアーによっていくらのスプレッドを設定しているかということです。特に短い期間で売り買いを繰り返すスキャルピングやデイトレードをする人は、このスプレッドは甘くみてはいけません。

そのために、自分が主要に取引する通貨ペアのスプレッドが安いFX会社を使うとともに、複数のFX会社を利用することで通貨ペア毎に使うFX業者を使い分けるということも必要になってきます。

スプレッドなんて微々たるものだろうと思う人もいるかもしれませんが、取引額や取引回数が多くなればなるほど笑えない大事な要素であることを実感してきます。

今回は、スプレッドについてでした。それではまた。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

26日からの経済指標は?

先週は何かと忙しかったですね。

立て続けにビッグイベントが行われ、
しかも市場が大きく揺れ動きました。

「動きすぎじゃない!?」て突っ込んでしまったのは、
私だけでは無い筈。

今週は先週みたいなビッグイベントは無いものの、
それでも見逃せない指標はありますよ。

26日にはアメリカの新築住宅販売件数、
27日には日銀金融政策決定会合議事要旨の発表が控えています。

デカいものをぶっ放した黒田総裁、
果たしてどういう内容になっていたのかは注目ですね。

そして29日に予定されている、
アメリカのGDP。

次なる議論は、年内に利上げはあるかどうか?
GDPは利上げの是非に深くかかわるので、
見過ごすわけには行きません。

30日に予定されている
アメリカの個人消費支出・個人所得にも要注目です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FXビギナーが勝てないわけ

世界経済は各国の通貨価値である
為替レートの変動によってバランスをとっているのです。

FXの一番通貨ペアーで多いのは円と米ドル。

FXとは、為替がどのように変化していくかが
見えてくると通貨ペアー間での売買に成功すれが、
自分のところに利益が転がり込んでくるという魅力的な投資です。

ですからアメリカと日本の経済動向が
読めるようになるとFXは誰でもできます。

FXは為替の変動を考えていけば良いので、
そんなに難しいものではないと思いませんか?

でもやって見ると分かりますが、
アメリカの景気が良ければ、
円の価値はトータルでは当然下がっていきます。

でも多くのFXビギナーが勝てないのは、
売買のタイミングを逃しているからです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ロスカットで、損金へのリスクを回避させるには

株式投資などにないのが、
FXの安全弁としてのロスカットです。

FXをスタートするには、
ネット上にFX会社の口座を開設してトレードを開始していきます。

そして次は、証拠金として
自分の投資に見合ったお金を
預けておく必要があります。

次にトレードを始めていくと
ロスカットといって損金が生じたときに
自動的に決済されるシステムを設定できます。

自分が投資したFXで利益がでてくれば
何の問題がありませんが、損金となったときには、
証拠金で賄われる役割を持っています。

でもロスカットをうっかり鵜呑みしてしまうと
とんでもない事態になることを理解しておかないといけないのです。

いくらロスカットを低く設定しておいても
急激に為替レートが変動してロスカットで設定した額以上の
損金が発生してしまうからです。

ですからそんなリスクを回避するには、
レバレッジを低めにしておく必要があるのです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ニュースを真剣に見るようになったのは、FXを始めたからでした。

為替レートは、
社会情勢によって動いていきます。

テレビのニュースでは、
瞬時に株価と為替レートについて
報じられているので、
FXを始めて私が変わったのは、
ニュースをしっかり見るようになったことです。

最近で言えば、
東京オリンピックの開催が決まって、
為替がどう動いたかでした。

ですからFXでは為替レートの動きを見ていって、
売り買いを決めていくことになりますが、
瞬時に動いていく為替レートと
社会情勢との関連性をグラフ的に把握していって、
為替が動く要因を見極める時の参考にしようとしています。

でもまだまだ始めたばかりでデータ的には少ないのですが、
もっと為替が動く要因と社会情勢の関連性が掴めていくと、
私のFXはもっと確実性の高いものになりそうです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ボツリヌスで市場一転

fxトレードとボツリヌス菌って、
関係ないようでもちろん大きなニュースに
関連していれば怖いものです。

夏場ですから何かあったのか!

実はニュージーランド酸の乳製品から
大量に検出されたとか、これを受けて
NZドルは売り一転、豪ドルもやはり売られていますね、
中国、ロシアなどが輸入を停止しています。

雇用統計は弱い感じでとうとう相場も夏バテモードかな?
と思いきや大きな知らせでしたが、
ボツリヌス菌って何なの?
などとイメージしてみたら、
やはりこの時期と関係が深い、
食べれば重篤な状態になりかねないようです、
微量で人類滅亡などという感じです。

ここは国内のトレード業者さんから
キャンペーンで安心できる焼肉を調達すべきか!
なんていってる場合ではないですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FXに感謝?

FXで取引できることに
感謝しながら取り引きを
していくと良いですね!

FXでの取り引きをすることは
あたりまえのことではありません。

いろいろな金融機関が
取り決めを行っているから
取引ができるようになっているというのが、
このFXですので、ただ単に取引できる様に
なっている状態を感謝しましょう。

過去のFXだと携帯での取引など
考えられなかったことですからね。

また、これほどまでのスプレッド幅が
狭い状態での外貨取引は考えられなかったことと思います。

FX業者がしのぎを削ってきているからこそ、
これらの取引が可能になってきているのです。

普通に取引できる状態というのは、
本当に感謝するべきことですよね。

これからもFXでの取引環境はさらに
いいものに整備されていくことになると思います。

整備されていくことによって、
よりトレーダーにとって良い環境が
整ってくることになると思います。

頑張って取り引きをすすめて、
もっとFXで取引できることに
感謝していきましょうね。

あ、FX会社の回し者ではありませんので。。
ただ最近、感謝って言葉が好きなんですよね!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FXの経済指標の重要性とは

FXで勝ち続けるためには、
各国の経済指標にもある程度注意する必要があります。

これは世界の重要な経済が、
FXの為替レートにも大きな影響を与えているためです。

実際に普段の為替レートと
経済の重要指標の発表前や発表後は、
為替相場の動きに大きな変化が見られます。

そして為替相場が動くとき、
多くのトレーダーの心理状態も変化し、
市場や取引が大きく動くのです。

このような大きな動きがあったのに
それを知らずにいつもどおりのトレードを続けていると、
思わぬ損失にぶつかったり、
おおきな利益のチャンスを逃すこともあるのです。

実際にFX取引をやっているうちに、
経済指標のチェックがいかに重要なのかが、
わかってくると思います。

ではどんな経済指標をチェックすればいいのでしょうか?

とくにアメリカの経済指標なんかは、
世界のFXトレーダーから大きな注目を集めています。

特に重要名なのが、
・雇用統計
・ISM製造業・ISM非製造業景気指数
・GDP
・消費者物価指数
ですね!

日本時間で言えば21時半、
23時ごろはこれらのアメリカの経済指標の発表があり、
FXの為替相場も変動が大きくなります。

ほかにはイギリス、
日本の経済指標なんかにも注意しておきましょう。

これ以外には自分のよく取引する通貨の国に
関する経済指標も見ておく必要があります。

ニュースなどで良く見かけるダウ平均も、
経済指標とは違いますが為替取引に影響をあたえる
重要なファンダメンダルです。

これらの経済指標の数値やそのときの為替の値動きを
まとめているのが、こちらの経済指標の部屋です。
米国の経済指標に関しての情報はかなりのものがありますし、
メルマガでその比の注目経済指標なんかも配信しているそうです。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする

スワップ金利で失敗

スワップ運用で大失敗したのが
スプレッドとの絡み、、

初心者のそのまた初心者的で
どうにも情けなかったですが、
店頭サービス業者が朝に付与した
ついでに決済してしまったらそれでおしまい、
という方法です。

このタイミングのよさだけ気にしていたというわけです。

ピンポイントスワップなどともいって
かなり低いリスクですが、
なんとなく手が出しずらくなってしまいました。

その後は為替差益狙いです。
ユーロ/米ドル、米ドル/円って慣れてていいかな、
と思って逆張りを志向してみたり、
スワップとはまるで違う相場の感覚が印象的でしたけど、
やはりFXはこれでないとな、という感じもします。

ただパソコンやネットワークの環境を
もっと強くしたら又、スワップにも挑戦したいですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

法人口座はちょっとウェイト

50トレード単位、ロットで攻勢をかけるも大失敗、
マイナスの10万円までへこんでしまいました。

あくまでも冷静に判断したのに、
トレードにはやめ時は付き物、
これこそ真の損切りではないでしょうか?

問題ありのチャートですし、
翌日のトレードはどうせ
仕事でおやすみなのでこのあたりでセーブです。

先日トレーダー仲間が役所に行くというので
何故かと尋ねたら新規で法人口座を作るとか、
登記簿謄本をとりに行くというのです。

いつのまにか儲かっていたらしいな、
と睨んだのを感づいたらしく、
お手柔らかな口座だけにしておいた、
などと言ってました。

現状法人口座はやめにしています。

どう考えてもレバ上げちゃいそうですし、
経理などの煩雑な業務はちょっとできそうにありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

FXと株式取引の違い

アベノミクスのおかげなのか、
株式市場もかなり値上がりしてきていますね。
いわゆる日経平均っていうものですが。。

しかし勘違いしてはいけませんよ、
株式市場に上場している企業の数はどれくらいあると思いますか。
東証1部とか2部という有名な市場だけでも、3000社近くあるんです。

つまりこの中で自分で選んで購入するわけですが、
そんなにたくさんの銘柄は買えませんよね。

最近は会社によっては1株単位とか100株から買えますが、
それでも普通は数十万円はかかります。

また数種類の会社の株を買えたとしても、
その株が上がっていくとは限りません。

日経平均が上がっても、値段が下がっている銘柄も多いんですね。
とにかくこれだけの銘柄数があると選択に迷いますよね。

今は随分とはやされていますが、
どれだけの人が儲かっているんでしょうか。

そして投資額が少なければ、1株とか100株とかだと
値上がりしても儲けは少ないんです。
まあ長い期間じっくり待てる人は、それでも良いのかな。

でも株式市場の動きはものすごく早くなっていますよ。
これは要注意ですね。

また勉強するツールや仕組みも多いんです。
簡単には儲けさせてくれませんね。。

対してFXはどうかと言えば、まだ単純なものです。
最初は米国ドルと日本円だけ考えていけば良いんですから。
慣れてくれば、他の通貨もやれますからね。
銘柄選びの苦労は違いますよ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

これからの為替相場はどうなっていくんだろう?

日本の第一政党が自民党に変わりました。
自民党が推し進めているアベノミクスは円安誘導とも捉えられる政策です。

円安誘導とも捉えられる政策を取っていることから
クロス円がらみの通過をロングポジションでエントリーしたほうが
勝ちやすいというのが現在のFXの流れであることは間違いないでしょう。

ドル円の現在の水準を見ていると日本の政策金利も
しばらくは現在の超低金利の状態から変わりそうな
雰囲気も無いですので他国の金利の方が高いという状況は変わらないでしょう。

他国通貨の金利が高いということはクロス円通貨の
ロングポジションが勝ちやすいということになります。

金利差を利用してのスワップポイント狙いの取り引きが
今後のFXには適しているかもしれません。

いずれにせよ、民主党政権時代の弱腰外交は終わりましたので
日本の企業が巻き返しを図ってくるという状況が目に見えています。

今後のFXの取り引きでは、
日本政府の動きに注意して取り引きを進めましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする