ロスカットで、損金へのリスクを回避させるには

株式投資などにないのが、
FXの安全弁としてのロスカットです。

FXをスタートするには、
ネット上にFX会社の口座を開設してトレードを開始していきます。

そして次は、証拠金として
自分の投資に見合ったお金を
預けておく必要があります。

次にトレードを始めていくと
ロスカットといって損金が生じたときに
自動的に決済されるシステムを設定できます。

自分が投資したFXで利益がでてくれば
何の問題がありませんが、損金となったときには、
証拠金で賄われる役割を持っています。

でもロスカットをうっかり鵜呑みしてしまうと
とんでもない事態になることを理解しておかないといけないのです。

いくらロスカットを低く設定しておいても
急激に為替レートが変動してロスカットで設定した額以上の
損金が発生してしまうからです。

ですからそんなリスクを回避するには、
レバレッジを低めにしておく必要があるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です